トップページ > マゾヒズムの自虐行為はセックスに対する罪悪感からきている?

自分で自分を痛めつけ快楽を得る人達。やりすぎには注意

切腹は民俗学的には、五穀豊穣を願って犠牲を捧げる農耕儀礼の一つだったようだ。だが平安末期に武士が登場してから様子が変わってしまい、切腹は欧米人が考えるような単なる自殺手段ではなく、いかに壮絶で、いかに形式がかっているかが大事となる儀式に変貌した。この時代には女性の切腹もあったようだが、これほどのマゾヒズム・ナルシシズムもないだろう。

また、『性現象事典』に「灸」の項があるのもおもしろい。子供の頃に親に反抗したり、夜尿症の治療のため親に灸をすえられた子供がいる。その子らのなかには、熱さと痛さの入り混じった奇妙な感覚に、性的快感を感じる者もいるという。この種類には身体を傷つけない温熱効果どまりのものもあるが、その道のツウは、やはり昔ながらのもぐさが一番いいらしい。そして灸といえばツボ(経穴)である。ツボを押さえた灸でなければならない。そして被虐的な女性に好まれるツボは、乳房と尻であるという。

脂肪と筋肉で防御されているため、適度な刺激があるという。女性の体調に留意してこそ責めの灸があり、かつては熱狂的なマニアがいたそうである。ぽうこう「医療器具マニア」もおもしろい。産婦人科診療台から涜腸・導尿用器具、膀胱洗浄器、子宮内器具、ゴム管、消毒器具、膣鏡、鉗子、シャレー、洗浄液、輸液管、各種薬品、ガーゼ、シーツに至るまで、ありとあらゆる医療器具を使用して、涜腸プレイ、尿道プレイ、注入プレイを楽しむのである。「自己嗜虐」もまた興味深い。これは同一人でSMの両傾向を持つ者のことである。別名「オート・サディズム」と呼ばれ、内攻するサディズムである。


最新情報
2014/12/07 おすすめ記事を更新しました。
2014/12/03 新着記事を更新しました。
2014/12/02 生き物の業を更新しました。
2014/11/29 生命の太古の香りを更新しました。
2014/11/27 愛液の研究を更新しました。
2014/11/25 自虐の心因を更新しました。
2014/11/24 マゾヒズムの自虐行為はセックスに対する罪悪感からきている?を更新しました。
2014/11/21 ホームページをリニューアルしました。

オススメサイト
埼玉デリヘルスタイル風俗五番街manmanTV
埼玉県に特化したデリヘル店舗を掲載!待ち合わせしたい駅など絞込み首都圏の定番風俗から激安風俗はもちろん、マニアックな風俗迄大人のおもちゃプレゼント、風俗嬢検索、割引情報など風俗情報がたくさん!